チェスターコート、安物を買うなら色選びが大事!

チェスターコート

大人っぽく着こなす定番のチェスターコート。

ずっと着れる形のチェスターコートは流行り廃りがないので、本当はカシミアの上質な1枚を持っておきたいところ。

メンズでも細身のチェスターコートはおしゃれですが、1万円、2万円程度の安いチェスターコートはウールで作られているため重たいです。

ピーコートでもそうですが、ウールは重い。
カシミアは軽いです。

ただ、やはりいきなりカシミアを手に入れるには勇気がいるもの。
じゃあ、1万円以下のチェスターコートを選ぶなら、どんなものがいいでしょうか?

メンズチェスターコートは色が大事!!

メンズチェスターコート

メンズのチェスターコート、型崩れしない、しわができても気にならなず、しわも目立たないタイプを選ぶのが大事です。

キャメル、ベージュは素材感で、カシミアのチェスターコートにかなり見劣りします。
つや感、素材感がウールとカシミアでは別物、電車で本物のカシミアチェスターを着ている人の隣に並んでしまうと、貧相に見えます。

というわけで、選ぶなら、濃いめのしわや素材感が目立たないカラー。
濃いダークブラウンやネイビー、濃いカーキなどがいいです。

明るめのグレーも素材感が安っぽく見えるので避けた方がいいでしょう。

電車で座ったときとかに明るいカラーだとしわが目立つんですよね。
なのでチェスターコートの丈もあまり長すぎないのがいいですね。

あとは、ストライプやチェックなどの柄が多少入ったものも素材感のごまかしがききますよ。

腕周りのゆとりと肩幅のサイズに気を付けて

メンズチェスターコートを選ぶときは腕周りのゆとりと肩幅があっていないと恰好悪いです。

腕周りのゆとりが多少あって、肩が動かしやすいものを選ぶと、疲れません。
この時もウールだと重たくて方がこりやすいですが、カシミアだと、軽くて、肩もこらないという大きな違いが。

でも、とりあえず、安いチェスターコートを買って、自分に似合うなと思えば、余裕ができたときに上質なカシミアのチェスターコートを買うのがおすすめ。
5000円以下で買えるチェスターコートもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ