実は女子はダサいと思っているユニクロのヒートテック

ユニクロのヒートテックをご愛用している、メンズの皆さんも多いと思います。
ヒートテックはとにかく寒い冬場でも、暖かくすごせる機能性を持たせた商品です。

すごくダサいとは言いませんが、すごく格好いいのか?と尋ねられると、それもちょっと難しいですね。格好いいので着用するというよりは、寒いのが苦手な人が、とにかく暖かい服がいいと機能性で着ているわけです。「実は女子はダサいと思っているユニクロのヒートテック、代わりにこれ着て!」をご紹介します。

暖かくておしゃれな商品を探してみる

s4241-m-01-pl

出典 http://mensfashion.cc/

ホットコット(ベルメゾン)

綿95%の機能性発熱インナーで、着心地も抜群に暖かい大人気の商品です。見た目も、ダサくありません。ベルメゾンが独自に開発した発熱機能綿「ホットコット糸」と、オーガニックコットンなどをブレンドして作られています。なので着心地は良く、素肌に優しいです。暖かいと蒸れるのでは?と心配になりますが、綿混素材で蒸れにくいです。 生地もやわらかく、一日着ていても快適です。
Tシャツやインナーは、ネームタグが無いので、ネームタグが肌にあたるとチクチクする感じがして気になる人に、快適な着用感になっています。特殊加工を施した「発熱綿」を使った綿混素材が、化学繊維の発熱インナーには無い快適な着心地のよさを実現している商品です。デザイン性の面でも色展開が豊富で、ネット限定の色柄もありお気に入りのデザインが見つけられます。

ヒートファクト(イオン)

皆さんよくご存知の、イオンより発売されている「ヒートファクト」です。一番の魅力は、1枚780円という安い価格です。メンズのインナー素材としては、ユニクロのヒートテックに似ていて、アクリル85%、ナイロン10%、ポリウレタン5%で作られています。ポイントはアクリル素材で、通常の繊維と異なるアクリル系超極細マイクロ繊維で出来ていて、東洋紡で開発された「プレリール糸」が特徴です。優れている機能性として、吸水性や速乾性です。人が着用した時に汗を吸いやすくなっていて、しかも乾きやすい吸速乾効果があります。その他の特徴としては肌触りも柔らかで、優れた保温性です。この繊維は、毛細管現象による水の移動性トランスポート性が高いので、サラッとした着心地を実現しています。吸水速度は綿の約3倍で、ポリエステルの約2倍になり、乾燥速度は綿の約4倍、羊毛の約3倍と言う驚きの機能性です。

ボディヒーター(イトーヨカドー)

温かい肌着ボディヒーターの素材は、アクリル60%、レーヨン30%、シルク5%、ポリウレタン5%の素材構成となっています。着心地はとてもなめらかで、綿のような肌触りで優しい着心地です。生地もなめらかなので、着心地は良いです。バリエーションが増えているので、色・柄はもちろん、半袖、長袖、タートルネックなど、豊富な商品展開となっています。保温率は19.1%と低いめではありますが、早く乾燥するので、秋冬の洗濯ほしに便利です。

ファイバーヒート(しまむら)

起毛量が多いので、高い保湿力があり暖かいです。生地は極薄タイプなのに、裏起毛で暖かさを保てるようになっているので、分厚い下着は腕が動かしにくいとか、服と重ね着すると太って見えるので苦手と言う人に、最適な商品です。生地が薄いため軽さもあり、重くないので着疲れもありません。フィット感も良く、やさしく包み込む着心地です。色は、定番のグレーやブラックをTシャツ感覚で着れば、ダサい雰囲気も感じません。襟のタイプも、丸首タイプとかVネックタイプとか、タイプ違いで用意しておくと、着まわしも便利です。タイプ違いで購入しておくと良いでしょう。

ヒートアシスト(関西ファッション)

暖かいインナーの良くあるタイプの定番、裏起毛タイプです。素材構成は、ポリエステル90%とポリウレタン10%で出来ています。ポリウレタンの特徴としては、伸縮性に富んだ生地で、肌へのフィット感があり暖かいというのが、一番のポイントとなっています。生地は柔らかく、ごわついた感じはなく着心地は良いです。身体へのフィット感は抜群なので、体を動かしているうちに保温効果で暖かくなってきます。袖口が少し短めの作りになっているので、袖が長いのはごろついて苦手な人に向いています。

エコヒート(西友)

SEIYUが独自に開発した、自社ブランドの機能性肌着です。素材は、身体の水分を吸収して発熱するレーヨンで構成されていて、着用時の体感温度は最大で4℃まで上がる機能性インナーになっています。又、吸放湿性に優れているキュプラが使用されていることで、肌と衣服間の湿度をコントロールして、体感温度が高く快適な暖かさを保つことができるようになっています。生地は軽くて薄手、柔らかい仕立てとなっているため、着心地はとても良いです。生地が薄いので、重ね着をしてもアウターに響かず、スッキリとした着用感です。

GU WARM ウォームコットンブレンド(GU)

素材構成は綿95%、ポリウレタン5%なので、肌触りが良く天然素材嗜好のメンズの人に、着心地良く着用して頂けます。綿素材がメインなので、寒い時期に着ても、ひやっと感が無くて良いです。生地の厚みは、厚手タイプになっています。インナーとしての使用は勿論、普通にTシャツのように見せる着方も出来ます。襟のタイプは、クルーネックとタートルネックタイプがあります。ウォームコットンブレンドクルーネックT(エクストラ)という、裏起毛タイプも発売されています。より暖かさを求めるメンズには、こちらの商品がおススメです。

スポーツ派のメンズにおススメの暖かインナー

s1838-m-01-pl

出典 http://mensfashion.cc/

アイヒート(アルペン)

どのような素材で出来ているかと言うと、アクリルをメインに59%、レーヨン35%、ポリウレタン6%で構成されています。スポーツ好きメンズ御用達というお客さんのニーズも考えられているようで、着用して体が動かし易い、軽さが特徴的な商品となっています。手触りは、さらさらとした生地です。
袖口とハイネックは、ぴたっとフィット感があり、フィット感があることで暖かさを保てるようになっています。見た目とは違い、意外なほど暖かく放湿も優れています。伸縮性もほどよくあるので、着心地もいい感じです。

ブレスサーモエブリ(ミズノ)

Vネック半袖シャツは、スッキリとしたデザインで格好いい雰囲気があるインナーです。色は定番の、ブラック、チャコール、ホワイトで着まわしが効く色展開となっています。生地は柔らかく、縫製がしっかりしています。暖かく着心地も抜群です。アウターに響かない生地の厚みになっていて、半袖タイプでも、まあまあ暖かいです。洗濯の乾きも良いので、冬場でも清潔に着用できます。半袖タイプだけでなく、Vネック長袖シャツもあります。色展開は、半袖タイプと同じとなっています。

アウターとのコーディネートを考えてメンズインナーをチョイスする

s0456-m-01-pl

出典 http://mensfashion.cc/

インナーは、見えないおしゃれです。
見えないので手を抜くことも出来ますが、見えない部分に気を使っているとワンランク上のセンスがある人という、良い印象を与えることが出来ます。
女性にダサいと言われないようにするには、なるべくTシャツ風に見え下着っぽく見えないインナーを選ぶのがポイントです。
基本は無地のシャツですが、柄ものでも下着らしさがなくて良い雰囲気です。この記事を参考にして、おしゃれな暖かいインナーが見つけられれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ