メンズコートのフェイクムートンやフェイクファーは選ぶべからず

フェイクアイテムはオススメできない理由

ラグジュアリーなメンズコートを気軽に楽しみたい人向けにフェイクアイテムがありますが、あまりオススメはできません。
フェイクものはどうしても作りがチープになりやすく、経年変化による見た目の悪さが目立ちやすくなります。

220451001050001brw1
出典:http://item.rakuten.co.jp/cinqueunaltro/220451001050001brw/

こちらはイタリアのヴァッツォレールというブランドのムートンレザーコート。やわらかいラムレザーを使っていて、かなり高級な本物のムートンコートです。
やっぱり本物はカッコいいですね。また一度本当にいいものを着てみると、その軽さや温かさ、着心地の良さがわかり、手放せなくなります。

フェイクアイテムの欠点を知ろう

フェイクアイテムの代表としてムートンコートがありますが、フェイクムートンは本物と比べると品質の差にかなり開きがあります。使い始めると汚れが落ちにくい、素材が固くなり肌触りが非常に悪くなるなど、見た目だけでなく、着用していて気持ち良いものではないため結果的に手放すのが早くなり、お金が無駄になってしまうケースが多く見られます。

fireshot-capture-120-%e8%a3%8f%e3%83%9c%e3%82%a2%e3%81%8c%e3%82%bb%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%81%ab%e6%b1%ba%e3%81%be%e3%82%8b%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%af
出典:http://topism.jp/i/jkt-20-topism

この他にもフェイクファーと呼ばれるアイテムも知ってもらいたいポイントがあります。
一見すると分かりにくいファーですが、やはり経年変化による抜け毛、ざらつき感など使っていくうちの劣化が激しくみすぼらしく見えてしまう恐れもあるのでオススメできません。

sho-104253-01_4
出典:http://item.rakuten.co.jp/crossbeat/0e0c-sho-104253-01/

値段は高いが買えば一生もの間違いなしのラグジュアリーコート

メンズコートは1枚はラグジュアリーで攻めるべし。
いつの時代もラグジュアリーと呼ばれる高級素材を使用したメンズコートは世代を問わず人気があります。

値段も高く手が届きにくいにも関わらず憧れが絶えないのは見た目だけでなく、その素材のもつ背景や職人の技術など目に見えない部分へのこだわりも大きいところだと思います。

以上のことから、せっかく買うのであれば高額であっても一生着られるものを選んだ方が結果的に良い買い物に繋がるのです。紹介するイタリアブランドのMOORERは高級素材と、ハイスペックを兼ね揃えながらも価格が据え置きな手が届きやすいラグジュアリーブランドです。

moorer1213nvy1
出典:http://item.rakuten.co.jp/cinqueclassico/moorer1213nvy/

高級中綿の軽いコートは暖かさも羽毛布団のようで一度着たら手放せません。大切にすれば何年でも長く着れる高級コートはいつかは1枚持ちたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ