芸能人も良く履いてる、ドクターマーチンの靴

芸能人にもドクターマーチンの愛用者は多く、浅野忠信やザ・クロマニヨンズのヒロトやマーシー、VAMPSのHYDEやaiko、きゃーりーぱみゅぱみゅ等多くの方に愛用されております。

そのドクターマーチンが誕生した経緯や歴史について少しご紹介しましよう。
第二次世界大戦時下に、ドイツ軍であった医師クラウス・マーチン氏が、休暇中に山でスキーをしていたら、足をケガしてしまい、その時、軍から与えられていたブーツを改良し、やわらかい革と空気が入った靴底を考えリハビリ用にブーツを作りました。そして戦後、そのブーツを完成させ、友人とともに、製品化し、事業に乗り出しました。

20141123164209373_500
出典:http://wear.jp/tadanobuasano/2732181/

それがドクターマーチンのはじまりです。

そして、イギリスの靴メーカー、R.グリックス社の目にとまり、イギリス国内における製造ライセンスの契約を結ぶこととなりました。

はじめは労働者の作業靴や警察官用の靴として使用され、1960年代後半にスキンヘッドが使用し、その後ビートルズやローリングストーンズやクイーンなどのロッカーに愛用され、若者を中心に人気を博しました。さらに、モッズスタイルやパンクスタイルのファッションにも取り入れられ、イギリスでは、ファッションアイコンとして定着していきました。

そして今現在もなお男性にも女性にもそして、様々なスタイルのファッションに取り入れられて愛用されています。

ドクターマーチンてこんな靴!!!

12328406_683116481790879_1124678636_n
出典:http://www.imgrum.net/media/1224640285985010694_1963684412

なんとなく雑誌とかでみたことあるけど、よく知らないという方のために靴の基本的な構造を簡単に説明します。

まず、ドクターマーチンと一目でわかるのがこのソール。
バウンシングソールと呼ばれ、ゴムの中に空気を含んだ層が取り入れられています。

製法は、グッドイヤーウェルト製法という中底とアッパーとウェルトの3つをぬいつけたあと、ウェルト(靴底の横の部分)にアウトソールをぬいつける製法です。このウェルトといわれる部分につけられた黄色いステッチがマーチンのオリジナリティをさらに引き出しています。

そして、アッパーの素材ですが、現在は様々なマテリアルが使用されていますが、定番的なのは、写真のようなガラス加工されたスムースレザー(やわらかな革)です。
ガラス加工とは、皮をなめした後、表面を磨いて顔料により塗装する方法です。

この加工により、防水性が高まり、丈夫さが増します。このつややかな印象の革がとても特徴的でセクシーさと無骨さを併せ持ったデザインに仕立て上げています。そして、かかとのタグに書いてある文字ですが、上にある写真のように、じつは、「DrMartens」と「AirWair」と二種類あります。これは、ドクターマーチンが90年代終盤までWhite社とAir Wair社の異なる2つの会社によって生産されていたことによります。

それぞれに少し違いがあり、White社のドクターマーチンは、つま先が丸く、よりポップな印象で人気があり、Air Wair社のドクターマーチンは製品のクオリティが高く評価を得ていました。

ドクターマーチンの履きこなしポイント

20151211151053961_500
出典:http://zozo.jp/shop/abc-mart/goods/7862357/?did=21066932

ドクターマーチンは、それ単体で非常に印象がつよいアイテムであります。
なので、ドクターマーチンをポイントとするコーディネートを心がけるのをお薦めします。

ドクターマーチンの履きこなしコーディネイト

足元のドクターマーチンをポイントとし、際立たせるためには、ボトムス、トップスともシンプルなものが合わせやすいと思います。
ブーツに合わせるボトムスは、スキニーのようなタイトなパンツから入っていくとよいかと思います。

美脚日本製ストレッチチノパン
出典:http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/spu10029

マーチン愛用歴の長いファッショ二スタは、ひもの色を変える等して自分なりの履き方をしていて、とてもかっこいいです。

是非、あなたも自分なりのかっこいい履き方を見つけてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ